ニコンダイレクトは株式会社ニコンイメージングジャパンが運営する公式オンラインショップです

NikonDirect

Nikon

いらっしゃいませ ログアウトはこちらから 会員情報の変更はこちらから

アカウントをお持ちの方は、してください。新規登録をされる方はこちら

ND オリジナル一脚 NDMP1

8,800円(税込)

  • ニコンダイレクト限定商品

  • 個数

商品特長

「ND オリジナル三脚 NDTP1」で好評な脚ロック方式「ウルトラロック」を採用した一脚が新登場!
高伸縮比・抜群の操作性を誇る、携帯用一脚がニコンダイレクト限定で登場!
本体のグリップとストラップにニコンロゴをあしらい、脚の伸縮部分にはアクセントにニコンカラーの黄色を施しました。
縮長時は小型バッグにも簡単に入るわずか26cmに。全高時は伸縮比6倍を達成し、アイレベルまでしっかり届きます。
また、「ND オリジナル三脚 NDTP1」で好評な脚ロック方式「ウルトラロック」を採用。脚先端を握ってひねるだけで、全段を一気に固定・解除することができ、驚くほどスピーディーなセッティングが可能です。 三脚を広げることが出来ない場所や利用し難い場所でも、安心して撮影ができます。
また、三脚に比べ小型軽量のため、身軽に動きたい方や荷物を少しでも減らしたい方にもお勧めです。
付属の「ベルトホルダー」を使って、ズボンのベルトに簡単に吊り下げることもできます。

主な特長

  • 脚先端を握ってひねるだけで、全段を一気に固定・解除することができ、スピーディーなセッティングが可能な、ダイレクトコンタクトパイプならではの脚ロック方法「ウルトラロック」を採用
  • 高伸縮比を誇る「ダイレクトコンタクトパイプ」の8段脚により、伸縮比が6倍となるかつてないコンパクトサイズの一脚が完成。
  • 30mm径から始まる8段伸縮脚を採用。ダイレクトコンタクトパイプの強い関節部により、多段にも関わらずフルサイズのデジタル一眼レフにも対応する剛性を実現。
  • 旅行や登山、ツーリングなど、荷物を制限したい場合にも最適な、質量347gの小型軽量モデル
  • 付属の「ベルトホルダー」で、一脚をズボンのベルトに簡単に取り付けることが可能

付属品

・ケース
・ベルトホルダー

主な仕様

全高 1,560mm
縮長 260mm
脚径 30 / 27 / 24 / 21 / 18.2 / 15.4 / 12.6 / 9.8mm
段数 8段
質量 347g
推奨積載質量 3,000g
シュープレート 無し(UNC1/4-20:細ネジ)

関連商品

  • ND オリジナル三脚 NDTP1

    ND オリジナル三脚 NDTP1 34,100 円(税込)

  • ND オリジナル タートルカメラリュック

    ND オリジナル タートルカメラリュック 14,300 円(税込)

  • Z 7

    Z 7 415,250 円(税込)

  • Z 7 24-70+FTZマウントアダプターキット

    Z 7 24-70+FTZマウントアダプターキット 508,750 円(税込)

  • Z 7 FTZマウントアダプターキット

    Z 7 FTZマウントアダプターキット 434,500 円(税込)

  • Z 7 24-70 レンズキット

    Z 7 24-70 レンズキット 486,750 円(税込)

  • Z 6

    Z 6 277,750 円(税込)

  • Z 6 24-70+FTZマウントアダプターキット

    Z 6 24-70+FTZマウントアダプターキット 376,750 円(税込)

  • Z 6 FTZマウントアダプターキット

    Z 6 FTZマウントアダプターキット 299,750 円(税込)

  • Z 6 24-70 レンズキット

    Z 6 24-70 レンズキット 354,750 円(税込)

  • D850

    D850 380,610 円(税込)

  • COOLPIX P1000

    COOLPIX P1000 140,250 円(税込)

  • D780

    D780 275,000 円(税込)

  • D6

    D6 798,600 円(税込)

ご注意

ご使用の前に、必ず同梱の取扱説明書をご確認ください。

・カメラを装着したまま脚の伸縮調整を行う際は、必ずカメラを手で支えながらおこなってください。一脚やカメラが不意に動きカメラを破損したり、指や手をはさみケガをする恐れがあります。
・一脚にカメラを装着したままでの移動は避けてください。予想以上の力が加わった場合、カメラが落下する恐れがあります。
・カメラネジは、必要な時以外は確実に締めてご使用ください。ネジが緩んでいると、転倒やカメラ破損の原因となります。
・一脚を壁に立て掛けておくと、不意に倒れる恐れがあり危険です。できるだけ横にして置いてください。

ページトップへ戻る